【地方独立行政法人 秋田県立病院機構】秋田県認知症疾患医療センター

イメージ画像

患者のみなさまへ

認知症とは

認知症とは

img.png 脳の病気によって正常に働いていた脳の機能が低下し、日常生活に支障が出ている状態です。原因疾患や症状は様々であり、中には治療によって治るものもあります。

 しかし、現時点では認知症の多くは根本的治癒が望めませんが、進行を遅らせたり、症状を部分的に改善することは可能であり、適切な対応によって症状が軽減する場合もあります。そのため、認知症では早期発見・早期治療が重要となります。

代表的な認知症疾患

アルツハイマー型認知症

 認知症のなかで最も多い疾患。

 物忘れから始まり、日付や場所などが分からなくなってきます。また、症状は緩やかに進行します。

脳血管性認知症

 脳梗塞や脳出血により、脳の働きが悪くなることで起こります。障害された場所によって症状が異なります。

レビー小体型認知症

 幻視(実際にはない物や人が見える)や記憶障害があり、日によって調子の良い時と悪い時があります。また、パーキンソン症状(歩きにくい、転びやすい、動きが遅いなど)が見られることが特徴です。

前頭側頭型認知症

 前頭葉と側頭葉の萎縮が目立つ認知症です。物忘れよりも人格変化や言語障害が目立ち、食事の好みが変化したり、同じ物を食べるようになったりします。

ページの先頭へ

秋田県認知症疾患医療センター
〒019-2492
秋田県大仙市協和上淀川字五百刈田352 協和I.C.から車で約3分
TEL:018-892-3751 受付時間 平日9:00〜16:00
FAX:018-892-3816
  • 秋田県若年性認知症支援コーディネーター 公式サイトへ
  • 秋田県立リハビリテーション・精神医療センター 公式サイトへ
  • 秋田県高次脳機能障害相談・支援センター 公式サイトへ